海外挙式はどれくらいの人数を呼ぶのが平均的?

少人数で開催されることが多い海外挙式ですが、どこまで声をかけるのが一般的でなのか、他のカップルがどうしているのかって気になりますよね?

この記事では、平均的な列席人数や、実例の人数幅、ゲストの内訳など、を詳しくまとめています。

声をかけるべきかどうかでお悩みの方は、ぜひこのまま読み進めてください。

海外挙式の列席人数

ブライダル総研による、挙式後のカップルへのアンケート調査で分かった、海外挙式列席者の平均人数やその内訳は下記のような結果でした。

列席者の平均人数 10.5人

列席者の内訳 親96%、兄弟・親族92%、友人37%

 

二人だけの結婚式を挙げたカップルは、挙式者全体の17.4%で、81.9%の方がゲストを招待していました。

人数の内訳は主に家族となり、平均的な列席人数は、2家族分の合計というイメージです。

中には30人以上と回答されるカップルもいましたが、全体の1.6%とかなり少数でした。

 

家族だけの少人数の結婚式の需要は国内でも年々増加しており、会社関係など様々なゲストのおもてなしに気を配るよりも、家族にゆっくり感謝を伝え、晴れ姿をを見せる結婚式にしたいという気持ちの方が多いようです。

海外挙式を選ぶカップルの中には、家族旅行も兼ね親孝行にしたいという意見の方もいらっしゃいます。

友人の招待について

家族と異なり、招待するか否かで頭を悩ませるのは友人であることが多いです。

ゲストを招待したカップルの4割弱は中の良い友人を招待しています。

お休みが取れるかや、旅費を負担してもらうことに心配があるかもしれませんが、参加の有無は本人に判断を委ね、気になるようであれば声をかけた方が良いでしょう。

挙式後に「晴れ姿見たかったな~」と言ってもらえたとしても、時間を戻すことは出来ないため、後で後悔しないためにも、先に声をかけておきましょう。

 

招待したいのに都合が合わない場合

仲の良い友人や親族で、海外挙式の日程が合わない、連休の取得が難しいという方がいらっしゃることも多いです。

全員の予定を合わせて旅行日程を調整するのが難しい場合は、国内でもパーティーなどを開始し、夫婦としての二人をお披露目する機会をつくるのが良いでしょう。

 

「あなたが大切だから来てほしい」という思いを伝えるのは、決して悪いことでは無く、喜んでもらえるケースも多いです。

迷っている時はその理由も合わせて素直に本人に相談するのが、相手にとっても一番良いでしょう。


コメントは利用できません。

関連記事


海外挙式サービスおすすめランキング


おすすめ記事

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 挙式場所

    芸能人が海外ウェディングをしたがる理由と人気のチャペル
    海外ウェディングは芸能人からも人気が高く、たくさんの芸能人が…
  2. お金・費用, 海外挙式の準備

    海外挙式に友人を呼ぶ場合の負担について
    海外挙式だからたくさんの人に来てもらうのは無理だけど、仲の良…
  3. 海外挙式の疑問

    海外挙式のムービーを撮りたいですか?
    最高のロケーションで行う海外挙式、素敵な式を挙げるだけでも二…